ドクター

鼻整形で美しい鼻に仕上げる~美容整形のトリセツ~

決め手は顔の真ん中にあり

鏡を見る女性

これからは切らずに変える

顔の中央に位置する鼻は顔の印象を決める大切なパーツです。実際、鼻を少し変えるだけで顔の印象がグッと垢抜けたり、華やかになったりするのはよくあることです。やはり、スッと鼻筋の通っている適度な高さの鼻は美しい顔を形成するうえで欠かせないものと言えるでしょう。日本人の場合、どちらかと言えば鼻が高すぎる人よりは低い人が圧倒的に多く、鼻整形と言えば隆鼻術でした。これは、鼻の中にシリコンなどのプロテーゼを挿入することで鼻の高さと形を整えるものです。しかし、最近は高さだけにこだわるのではなく、小鼻の大きさや先端の丸みなど鼻全体のバランスを重んじる人が増えてきました。そこで登場して来たのが糸やヒアルロン酸注入などによる切らない鼻整形です。切らない鼻整形の良さは何と言っても身体に負担がかからず、ダウンタイムも少ない点です。その中でも特に糸による鼻整形は、鼻を切ることなく特殊な糸で縫合することで鼻の高さと鼻先のシャープさを出すことができるものとして人気を集めています。確かにプロテーゼを挿入する方法ほど劇的な変化は望めませんが、その代わりナチュラルでその人本来の個性を生かしつつ鼻を自然に整えることができるのです。これからは高さを追求するよりも、こうしたその人の個性を生かしつつ自然な高さと美しさを出すような施術がより求められていくのではないでしょうか。そして、身体に負担をかけないのに持続力のある施術が開発されていくのではないかと考えられます。メスを入れない、それだけにこだわる必要はありませんが入れればいいというものではありません。施術時間は短く身体に優しい、しかし効果はしっかりキープ、そんな鼻整形が実現する日も近いことでしょう。

プロテーゼにもいろいろ

ヒアルロン酸の注入や糸による形成など、切らない方法がいろいろと登場している鼻整形ですが、効果がはっきりと見て分かる、半永久的に術後の状態がキープできる、というとやはりプロテーゼを挿入する方法ということになります。このプロテーゼですが、種類がI型とL型とあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。理想の鼻整形を実現するために、プロテーゼの内容について見てみましょう。L型プロテーゼとは鼻先までしっかりとラインが形成されているプロテーゼで、その形からL型と呼ばれています。鼻の先の方までプロテーゼが入りますので、鼻の形をしっかりと決めてくれるのは、このL型を置いて他にはないでしょう。ただし、プロテーゼにかかる力が大きいので、中でズレる心配があります。従って、メンテナンスは欠かせません。一方、I型は鼻先の形は形成できませんが、L型のようにズレるリスクは少なくて済みます。鼻先の形も気になる、という方は鼻先を尖らせたり整えたりする施術を合わせて行うとよいでしょう。一時、プロテーゼは危険ということでかなり問題視された時期がありましたが、今は素材も進化し、身体への負担がより少ないものが増えています。やっぱりプロテーゼを入れてしっかりと高さを出したい、という方は、医師とよく相談して自分に合ったものを選びましょう。また、鼻整形をする場合には、必ず術前に術後の自分の顔をシミュレーションしてみましょう。鼻整形は鼻そのものの形だけではなく、顔全体とのバランスの良さが何より大切です。自分の望む鼻が自分の顔に合っているのか、確認してから施術を受けるようにしましょう。鼻は顔の印象のカギを握る大切なパーツです。納得のいく鼻整形を実現しましょう。

Copyright© 2016 鼻整形で美しい鼻に仕上げる~美容整形のトリセツ~All Rights Reserved.